2020 兵庫旅行 アワイチ トライ 二日目(当日① 午前編)

グランアイガ AWAJI オブジェ旅行
この記事は約4分で読めます。

明石キャッスルホテルから出発して、福良のホテルアンドリゾーツ南淡路まで。
初日の移動記録。

スタート

ホテルロビー集合AM8:00。
荷物をホテルのフロントに預け、荷物の引き換え札を預かる。
ルームキーを返却して、一旦チェックアウト。

天気は晴れ。

梅雨明けの宣言もまだ発せられていないところで、幸運な晴れ間でした。

ホテル前で集合写真を撮って、早速フェリー乗り場へ向けて出発。

淡路ジェノバライン 明石営業所

フェリーで淡路島へ渡るため、ジェノバライン明石乗り場へ向かいます。
ホテルからジェノバライン明石乗り場までは、自転車で5分程度。

ジェノバライン 明石乗り場

平日の8時過ぎで、丁度良い時間だったのだと思います。
このタイミングでは自転車を持って並んでいる人もなく、ご案内の方にチケット販売機を教えてもらい、先頭で並ぶ。

ジェノバライン 明石乗り場2
ジェノバライン明石乗り場

船に乗り込む頃には何人か自転車を持っている人や、若い人(学生?)もチラホラ。
とはいえ、出張(?)のような雰囲気のサラリーマンの姿はなく、町の足といった感じです。

まりん・あわじ
出発、定刻前に淡路島から戻ってきたのでしょうか。
色々描いてあってきれいな船が着港。

まりん・あわじ
まりん・あわじ

自転車を固定してもらい客室へ。

フェリー上自転車置場
フェリー上自転車置場

淡路ジェノバライン 岩屋営業所 淡路島上陸

岩屋港に上陸し、いよいよ淡路島。

岩屋港 ジェノバライン
岩屋発着所

巡行体制は、トレック様・NUNU様・私。

アワイチ初日 スタートです。

岩屋の発着所から出発し、すぐに左に向かうはずがなぜか右に進むトレック様。

すぐに気づいて戻るのですが、岩屋の出発は信号一つ待ってからとなりました。

改めて、岩屋港前からアワイチスタートです。

あわいち 初日 出発直後

海沿いにしばらく走り、セブンイレブンを見つけてボトルを準備。
(出発前に準備しない私たち。最初からコンビニをあてにしています。)

岩屋~田ノ代
岩屋~田ノ代

ボトルを確保した後はしばらく順調に走ります。

最初の目的地は賀茂神社。
八咫烏の御朱印がもらえる神社です。
補給で立ち寄ったセブンイレブンからは約19km。

賀茂神社到着

賀茂神社について
創立からの歴史
創立時期は記録が残っていないので明らかでありませんが、京都の上賀茂神社社記に、29代欽明天皇の御代の西暦538年に賀茂神田(荘園)を60余国に置いたとの記録があります。淡路国佐野生穂庄がその一所で、従って約1500年前から生穂・佐野地域の氏神として祀られてきたと推断されます。

~中略~

安政4年(西暦1858年)の阿波藩主蜂須賀斎昌公所領巡回の折り、当社由縁を調べられ、「これまでは四社明神と称してきたが、以後賀茂神社と唱え国内繁栄の大社とする」と沙汰されました。のちに蜂須賀茂韶侯から「賀茂神社」の染筆掛字を賜っています。

明治から昭和20年までは津名郡郷社でした。現在は宗教法人賀茂神社であり、生穂佐野地域の氏神です。

賀茂神社 賀茂神社について
賀茂神社到着
賀茂神社

ここまで非常に順調に走ってきた私たち。

しかし、ここで事件が起きます。

御朱印を目的にここまで来たのですが、なんと神職さん(?)神主さん(?)不在。
お参りして、社務所の呼び出しをするも、返事がない。

「しばらく待ってれば、お戻りになるかな?」

なんてなことで、木陰で休憩し、神職さんのお戻りを待つ。



非常に暑かったのはたしかなのですが・・・なにやらトレック様の様子がおかしい。

「鼻血がでました。」



「!?」

どうやらのぼせてしまったようです。

しばらく、神職さんを待つつもりではありましたので、急ぐものでもありません。

トレック様の鼻血が止まるのを待ちつつ、一応神社に電話を入れる。
そうこうしている間に、神職さんもお戻りになっていたようで、すんなり電話がつながる。
社務所に再度うかがい、無事御朱印をいただきました。

賀茂神社 ‗_朱印
八咫烏の御朱印




とはいうものの、トレック様の鼻血は相変わらず止まりません。

「もはやリタイアか!?」頭をよぎります。



なにせ、流血しているため移動もできず、とにかく休憩するしかありません。
小一時間休憩し、なんとかトレック様も持ち直し再出発。

淡路島グランアイガ

次の目的地は淡路島グランアイガです。
ここは「AWAJI」の大きなオブジェのあるいわゆる映えスポットです。

トレック様も回復したところで短い距離を巡行。

岩戸川を渡る橋の手前、うっかりすると通り過ぎるのでちょっと注意が必要です。
看板は「シーアイガ」と書いてある看板を頼りにすると良いでしょう。

グランアイガ AWAJI
グランアイガ AWAJI オブジェ

写真撮影は一応そこでいた方に声をかけたのですが「皆さん勝手に撮っていきますよ?」くらいの感じ。

ホントに天気も良く、いい写真が撮れました。

ところが・・・

ここで再びトレック様の調子がおかしい。

時間も丁度良かったので、橋を渡ってすぐのさとでお昼をとることに。

冷房の効いたところで、ここでも1時間程度しっかりと休憩。

当日② 午後編 に続く。

タイトルとURLをコピーしました